top of page
  • olivier.fabre

「グローバル創業者を支援:日本からアメリカ市場とリソースへの連携」


「アメリカの市場で製品開発を進めるために、顧客インタビューにどうアプローチすべきか?どんな質問をすべきか?」と考えていたのは、RENATUS ROBOTICS Inc. のビジネス開発担当VP、竹内耀大氏でした。同社の製品は、アメリカのeコマースロジスティクスの倉庫運用を完全に自動化することを目指しています。竹内氏は「着物」を毎日着用し、これを会話のきっかけとしています。


着物を着てワークショップに参加したRENATUS ROBOTICS Inc. の事業開発担当副社長竹内耀大氏

スタートアップと起業のダイナミックな世界において、製品の発想から国際的な成功への道は多面的です。未知の市場で製品と市場を結びつけるには、文化、言語、組織の違いを乗り越えて、顧客、投資家、パートナー、従業員、規制機関と協力するためにさまざまな課題に立ち向かう必要があります。そのために、UCバークレーの非営利のアクセラレーターSkyDeckは、日本政府のJETRO (日本貿易振興機構)と提携し、2023年11月にシリコンバレーのプログラムに参加する30人の日本の創業者を送り出し、世界各地からの120のスタートアップと時間を共にすることにしました。



Culturelabsの島田文氏とカリフォルニア大学バークレー校のキャサリン・メルキオール・レイ氏と創業者クラス

2023年10月25日、Culturelabsの創業者、島田文氏やUCバークレーの教員、キャサリン・メルキオール・レイ氏、WeWork JapanのCEO、ジョニー・ユウ氏と共に、SkyDeckの「送り出し」ブートキャンプが東京のJETRO本部で開催されました。このイベントは、日本からの独自の視点でアメリカの市場とスタートアップエコシステムに取り組むための重要な側面と戦略を探る、一日中のワークショップシリーズでした。イベントには17人の熱心な創業者が参加しました。


この日は、バークレーSkyDeckのエグゼクティブディレクターであるキャロライン・ウィネット氏によって開始され、「SkyDeckのミッションは、UCバークレーの公共教育ミッションをサポートしながら、世界でトップのグローバルアクセラレーターになることです」と述べられました。


その後、参加したすべてのスタートアップ創業者は、30秒以内に自己紹介するエレベーターピッチを実践し、ワークショップが本格的に始まりました。セッションには、日本、アメリカ、台湾、韓国からの起業家が含まれており、主にマイニング、航空宇宙、ヘルスケア、製造、半導体技術、材料、デジタル技術など、ディープテック分野のスタートアップ創業者が含まれていました。SkyDeckの参加者として、この日の創業者たちはCulturelabsの島田文氏を含む770人以上のSkyDeckアドバイザーにアクセスできます。


Culturelabsの島田氏と創業者ワークショップのクラス
Skydeckの欧州・グローバル展開責任者ジョージ・パナギオタコプロス氏が椅子を小道具にエレベーターピッチを実演。

しかし、JETROのイノベーション課 樽谷則哉氏は、日本のスタートアップは国際的なリソースを持たないことが多いと指摘しました。「問題は、日本のスタートアップが国際的なリソースを持っていないことです。そのため、彼らがSkyDeckや他のリソースと連携することが重要です」と述べました。

大阪ヒートクールの吉國清乃氏が、かゆみを和らげる画期的な器具を披露

参加者の中には、大阪ヒートクールの吉国清乃氏も革新的なデバイスを持参しながら、参加していました。爪をかくことによって引き起こされるかゆみを軽減し、傷から守ることを目的としているデバイスは周りが興味津々。SkyDeckを通して、アレルギーを持つ個人に焦点を当てたアメリカの消費者市場にアプローチする予定で、アメリカの子供の4人に1人がアレルギーを持っているという驚異的な統計を指摘し、デバイスのアピールを強調しました。


別の参加者は、日本の伝統的なビジネス環境が実証済みの学術研究にもかかわらず新しい製品のアイデアを受け入れていないと述べ、スタートアップは技術を共同製品化するよりも開かれたビジネスパートナーをアメリカで見つける希望を抱いていると明かした。


多くの創業者は、アメリカ市場は特に開かれたものとしており、革新的なアイデアには莫大なポテンシャルがあると考えています。今回のイベントでは、アメリカの市場でのアプローチに向けた初めての協力と結束の機会となり、これらの日本の創業者がSkyDeckのバークレーとJETROのサンフランシスコオフィスの二拠点を生かしながら、支援されることを期待しています。



(ビデオ: バークレーSkyDeckのエグゼクティブ・ディレクター、キャロライン・ウィネット氏がJETROのスタートアップ創業者たちに語りかける)

SkyDeckの注目すべき特長の1つに、提供するネットワークとアイデンティティがあります。参加者はバークレーのメールアドレスを受け取ることとなりますが、これは多くの機会を開く信頼の象徴です。さらに、創業者は今回のようなワークショップやアドバイザーへのアクセスを通じて、自分たちの起業活動を包括的にサポートする仕組みを利用することができます。


WeWorkジャパンのCEOジョニー・ユー氏(スーツに黄色のシャツ)とSkyDeckとJETROのチームを含むワークショップ参加者たちの集合写真

今回のイベントは文化的な境界を越えるビジネスの機会を見つける、製品と組織を構築するために、日本から起業したグローバル創業者にとって強力なプラットフォームになったと思われます。Culturelabsではこのように、国際的な壁を打破し、クロスマーケットのイノベーションを奨励する取り組みの一環として、起業家の育成と力を発揮することに力を入れています。


日本独自の文化やビジネスの強みを活用し、グローバルな考え方を取り入れることで、スタートアップの創業者からグローバルで多様な文化を持つ組織への道のりは、達成可能でやりがいのあるものであると信じています。


また、日本のGDPが国際通貨基金の予測による2023年の3位から4位に後退し、日本円が下落し続ける今、日本の起業家はいまなお多様な国際的な観客に共感する製品とサービスが出来るように期待されています。



Comments


bottom of page