top of page
  • hiroshisato6

「FIN/SUM2024」にて、モデレーターとして参加いたしました。

2024年3月5日、金融庁と日本経済新聞社の共催によるFINTECH SUMMIT(Fin/Sum 2024)において、カルチャーラボの代表、嶋田文が「生成AI x 保険がもたらす“幸福“な成長」セッションのモデレーターを担いました。


このセッションでは、金融庁、保険会社、テック企業、スタートアップ、大学教授といった多様な専門家たちが参加し、「Chatham House Rule」に基づき保険業界と生成AIの融合による大きな可能性について多角的に掘り下げました。今回は特に、AIに関するグローバルおよび政府の動き、保険やライフプランニングにおける顧客体験革新のオポチュニティ、そして日本の法整備や業界規範の今後について激しいディスカッションが展開されました。


これらの議論において参加者は、日本発のAIベースのリアルタイムパーソナライズ保険の開発を行っていくのかなどにも触れています。モデレーターの事前準備としてカルチャーラボは、最新のAI技術、例えば「AIを制御するAI」、「LAM(large action model)」、「EU AI Act」、そしてUS、UK、シンガポールのAIガバナンスに関する動向などの情報を収集、提供しました。


保険業界は、デジタルトランスフォーメーションの渦中にあります。多くの企業が生成AIの導入に関心を持ちながらも、その実践的な活用方法に頭を悩ませています。カルチャーラボは、このような挑戦に直面している企業に対し、具体的な洞察と実行可能なソリューションを提供します。私たちは、技術革新が業務の効率化、顧客エクスペリエンスの向上、そして新しいビジネスモデルの創出に貢献する実践的な伴走支援を行っています。



Comments


bottom of page