top of page

Culturelabs、メンバーズウィークを開催、テンプル大学でスタートアップ・レディ・ジャパンとともに現役&リーダー志望者を鼓舞

更新日:4月23日


Culturelabsの核心を理解するために、新しい年度を祝うイベントで初めてのメンバーズギルドワークショップが開催されました。このイベントでは、フリーランサーと従業員のオンボーディング資料を再検討し、持続的な改善とメンバーの満足度向上を目指しました。


ワークショップのタイトルは、「フリーランサーとスタートアップメンバーからの洞察:喜びと挑戦」となりました。このワークショップは、Culturelabsコミュニティ内での労働のユニークなダイナミクスについて、率直な議論と貴重な洞察を提供するプラットフォームとなりました。


フリーランサーとスタートアップの従業員は、Culturelabsでの経験を率直に共有し、共通点と個々の特徴を強調しました。彼らは、多様性がCulturelabsのコミュニティで祝われ、評価されていることを発見しました。また、共通の文化的側面が学びの機会を提供し、これが時間とともに進化し、強化されていることも理解しました。


特に注目すべきは、メンバーのタフさでした。この特性は、多くのクライアントからも高く評価されています。個々の強さと決意を見ることで、日本(そして世界)の適切な人材が本当に私たちの中にいるという信念が強化されました。


ワークショップでは、参加者がCulturelabsでの働き方に関する洞察に満ちた議論に熱心に参加しました。その中で特に注目すべきは、デザイン・シンキング・トレーニングへの独自の焦点でした。


デザイン・シンキング・トレーニングは、ユーザーのニーズを中心にした問題解決方法を学び、参加者がユーザーと共感し、問題を定義し、革新的なアイデアを生み出す手法を身につけること。インタラクティブなワークショップや実践的な演習を通じて、個人やチームは複雑な課題に対処する能力を創造的かつ効果的に向上させます。このトレーニングの最終目標は、人間中心のマインドセットを育み、様々な分野での問題解決能力を高めることです。


また、参加者に共鳴した重要なテーマの一つは、意思決定の自律性と独立性でした。メンバーは、自分らしく働く自由さを高く評価し、このエンパワーメント感を個々の成長と独自の才能を集合体に貢献していると感じていた。


組織内での自己指導学習の重要性についての合意もありました。メンバーは、トレーニングセッションを主導し、仲間との専門知識を共有する機会を大切にしました。この持続的な学びの文化は、Culturelabsの中核的な側面と見なされ、すべてのレベルでの成長と発展を促進しました。


さらに、ワークショップでは、政治的行動の欠如と親切さの普及が強調されました。メンバーは、オフィスの政治的闘争がないことと同僚の親切さを高く評価し、サポートされる肯定的で包括的な雰囲気に共鳴していました。


「親切さ」という概念が特に印象的なテーマとなり、参加者はこの価値を将来のトレーニングプログラムに取り入れたいという意欲を示しました。この親切な文化を育む取り組みは、すべてのメンバーが繁栄できるサポートされた思いやりのあるコミュニティを作り出すための共同の努力を反映しています。


全体的に、ワークショップは、各メンバーがCulturelabsのダイナミックな環境を形作る上で重要な役割を果たしていることを示しました。コラボレーション、学習、親切に対する共通のコミットメントを持つことで、参加者は自らの船長としての役割を受け入れ、起業家の旅の挑戦と機会に果敢に立ち向かうことを心得として持ち帰りました。



メンバーズウィークのワークショップ後、島田文氏はテンプル大学のStartup Lady Japanイベントに参加しました。Culturelabsの創設者である島田氏は、「自分の道を見つけるための3つのヒント」をテーマにスピーチを行い、自身の独自のアプローチや、起業家精神やリーダーシップの旅で自分自身の道を切り開く方法を共有しました。


島田氏は、自身の起業家精神の高まりや、日本の女性リーダーが直面する独特の課題について、貴重な洞察を提供しました。彼女の話は、テンプル大学議会ビルに集まった学生と聴衆に対し、実践的なアドバイスやインスピレーションを鮮やかに投げかけました。島田氏は、自らの情熱や好奇心に従うことの重要性や、モチベーションと成功への楽しみの役割を強調しました。さらに、個人が自分の興味に合った充実したキャリアを築くために、社会的規範よりも楽しみを優先すべきであることを鮮明に示しました。


さらに、彼女は、意思決定を導き、逆境に対する回復力を養うための価値観の重要性にも深く踏み込みました。人権と多様性へのコミットメントから学び、困難な状況でも自分の原則を貫くことの力を力強く強調しました。これらの価値観は参加者に深く訴えかけ、難局に立ち向かうための手掛かりを提供しました。


島田氏は、個人的な逸話に加えて、起業家志望の学生に実践的な戦略を提供しました。彼女は、コネクションの構築や機会の活用、失敗からの学びなどのトピックに触れ、ビジネス界で成功するために必要な現実的な視点を率直に示しました。この洞察は、学生に向けられた貴重な指針となったの違いない。


日本の女性リーダーとして、島田氏は男性が支配的な業界での自己主張し、成功する方法についても言及しました。文化的な障壁を乗り越えることからジェンダー平等を訴えることまで、女性があきらめずに主張しつづける重要性を提供しました。


島田氏のお話は、自分の成功への道を切り拓こうとする学生たちにとって、大きな励みとなったと思われる。彼女の個人的な経験や起業家精神を通して、プロの世界の複雑さを乗り越え、自分の目標を達成するための決意と回復力の道標になったのでしょう。

Comments


bottom of page