top of page

日本の企業文化を探る: CULTURELABSとロバート・ハーフが共同で、ウェストバージニア大学の「グローバル遠足」をサポート

更新日:5月19日

ウェストバージニア大学生との集合写真
ウェストバージニア大学生との集合写真

CULTURELABSと、日本で多様な存在感を持つ国際的なコンサルティングおよび人材派遣会社のリーダーであるロバート・ハーフ・ジャパンが提携し、ウェストバージニア大学からの24人の学生を迎えました。「グローバル遠足」の一環として日本を訪れた学生たちには、日本の企業文化、その課題、および独自の文化的特性を深く理解する機会があたえられました。


アンドリュー・サイパス氏がプレゼンテーションを行う
アンドリュー・サイパス氏がプレゼンテーションを行う

ロバート・ハーフ・ジャパンの技術、デジタル、およびトランスフォーメーション部門のマネージングディレクターであるリンジー・ヒューズ氏による同社の業務内容と歴史の紹介に続いて、学生たちは日本の人口動態に関する概説を受けました。ロバート・ハーフのジャパン・アジア統括エグゼクティブ・サーチ部門長であるアンドリュー・サイパス氏による、日本が現在直面している様々な社会的課題の説明に学生たちは耳を傾けました。日本企業の大多数を中小企業が占め、外資系企業は全企業のわずか0.74%に過ぎない状況は学生たちの母国とは大きく異なり、驚きを誘いました。また、日本の英語能力ランキングが113か国中87位であることは、外国の労働慣行に対する限られた露出をさらに浮き彫りにし、国際的なビジネス交流の難しさを一層増しています。


パネリストの嶋田文氏、伊東節二氏、ファブリツィオ氏が学生に話している
パネリストの嶋田文氏、伊東節二氏、ファブリツィオ・フマガリ氏が学生に話している

「日本のビジネス」というタイトルのパネルディスカッションでは、各分野の専門家が自身の経験と洞察を共有しました。CULTURELABSの嶋田文は、若い才能の高い需要と、日本企業の家族的な雰囲気を強調しました。これは、個人主義や転職を重視する西洋の文化とは大きく対照的です。現在ロバート・ハーフのディレクターであり、以前は大手日本商社である伊藤忠商事で30年の経験を持つ伊東節二氏(別名サム)は、日本企業が精妙さと曖昧さを好むという評判にもかかわらず、慎重で合理的なアプローチを強調しました。ロバート・ハーフ・ジャパンのサイバーセキュリティリクルーティングを担当するファブリツィオ・フマガリ氏は、職場での形式主義や非言語コミュニケーションへの強い依存を指摘しながらも、文化的適応の必要性を強調しつつ、自己アイデンティティを保つバランスの重要性を述べました。


浅野光璃氏とフマガリ氏がパネルディスカッション中
浅野光璃氏とフマガリ氏がパネルディスカッション中

パネルディスカッションはまた、労働力における性別のダイナミズムにも及び、日本ではいまだに女性の無報酬の労働(家庭内の家事の負担)の大部分を負担していることを話しました。シニアリクルーティングマネージャーである浅野光璃氏は、日本における働く女性に対する伝統的な環境や、業務理解を深めるための職場異動の利点を説明した。パネリストたちは、日本文化を受け入れつつも独自のアイデンティティを維持することの重要性に同意し、日本で成功するためには適応と自分らしさの微妙なバランスが必要であると強調しました。


学生たちは積極的にパネリストに質問を投げかけ、ロバート・ハーフの社員の一日の生活から、職場での女性の扱い、そして日本の女性が男性優位の企業環境に対してどのように感じているかについての様々な側面を探求しました。

質問する大学教授
質疑応答の時間に質問が飛び交った

学生と付き添いの教授は、パネリストに新技術の未来をどのようにナビゲートするべきかについて最後に尋ねました。嶋田氏は問いに対して自分の価値を見つけ、それを守るよう助言し、浅野氏は適応力の重要性を強調しました。伊東氏はアナログの必要性を強調し、ロバート・ハーフ・ジャパンのビジネスリレーションシップマネージャーである安西力哉氏は、AIの普及が進む中で人間的要素がますます重要になると述べ、特に「TikTok社会」において迅速でデジタルな交流が主流となる中での重要性を強調しました。


Comments


bottom of page